ネットショップはここからも行けます

昨今のdiy事情について

最近のdiy事情を話していこうと思います。(今回の記事は少し業界よりの内容になっています)
少し前のリフォーム産業新聞にて「DIY流行でプロの仕事はどう変わる?」という記事がありました。

その記事にて「大都」の山田岳人CEOはそこで「伸び代だらけのDIY市場」とおっしゃられています。

以下引用
DIYという言葉は認知され、アンケートを取ると9割の人が知っています。DIYをやってみたいかという質問に対しては、7割くらいがやってみたい、関心があると答えます。しかし、実際にやってみたことがあるという人は2割くらいです。それがDIYの現状。マーケットがないというのが現状です。

リクルートの調査によると、壁紙を張ったことがあると答えた人がパリでは約60%いるのに対し、日本は3%しかいません。これはグッドニュースで、伸びしろしかないのです。ポテンシャルはあるのですが、供給側のルールが厳しい。国土交通省がDIY型賃貸借のガイドラインを出していますが、大家さんや不動産屋さんがなかなか応じません。しかし、ユーザーの価値観は変わってきており、そうは言っていられないと思います。どんどん空き家だらけになっている。

なんとパリでは壁紙を貼った事がある人がDIYをされる中の60%もいるのですね。
それに対して日本での壁紙(クロス)を貼った事がある人はDIYをされる中の3%しかいません。

これは日本のDIY顧客が潜在的にもっと専門性の高い内装を実現出来ることを示しているのではないか?と思うのです。

日本の日曜大工は元来ものを作るという小さい枠組み作りが主流でした。
昨今では女性やあまり力の無い人も気軽に参加出来るコンテンツになりました。
それでもまだDIYをされたことの無い人は多くいます。

目次(menu)

海外とのDIY意識の相違点

海外の映画で部屋のペンキを塗っているシーンを見かけたことは無いですか?
特にアメリカでは、部屋主の年齢や、学年に合わせて壁の色が変化していく(落ち着いた色になっていく)事があります。
あの有名なドラマ ブレイキングバット(the breaking bad)では合計4回以上部屋の壁を塗り替えているシーンが出てきます。一概には言えませんが、それだけ向こうの部屋の模様替えのハードルは低いと言う事ですね。
あれこそが日本と諸外国のDIY意識の違いと考えられますね。

DIY意識が低いと何がまずいのか!?

「人それぞれ」と言って仕舞えば一言で終わっちゃう話なのですが、やはり知っている(DIYをやった事がある)人だとお得になることや、より深く納得ができる事柄が増えます。

その機械が損失されてしまうことによって色々な施工手段の選択が出来なくなってしまいます。

お得になることって?

やはりDIYをしたことがある方はちょっとしたクロスの剥がれなどを自分である程度綺麗に直すことを考えられます。
その選択肢があるだけで不安もなくなりますよね。「業者に頼むといくらするんだろう?」とか、「ネットの情報では問題無いって書いてあったりするけど、このままにしておいて本当に大丈夫なの?」などあらぬ心配から、クロスの場合であればちょっと剥がれてるくらいなら。ホームセンターでノリを買ってポイントを貼れば問題無いなと考えられたり、局部的な箇所だけを業者に頼み自分でできるところは自分でするなどして、最大限お金を浮かせることができます。

まとめ

様々なDIYの情報が提供される昨今ですが、これからも市場は伸びていくと思われます。
そうすると、DIY情報の選択もしていかなければいけません。
そんな時にゆるふわDIYを頼っていただければわかる範囲でご回答しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(menu)
閉じる